ホームページの悲劇

作ってみたものの・・・

いざ医院を開業しよう!と思ったとき、医院の先生方は色々な手段を講じて、
情報を集められたことでしょう。
これまでのお繋がりの中で、開業医院として先輩の先生や、教授、色々お知恵を拝借できる方はいるでしょうから。
ただ、現代社会においてGoogleで検索した!という医院の先生方も少なからずおられるでしょう。

膨大なマーケット

医院の先生には肌感覚はないかもしれませんが、
今の世の中、
【医院 開業】と検索される方880回。
【クリニック 開業】と検索される方590回。
関連ワードを含めると、月間30万回以上も検索されているマーケットなのです。
それだけ需要があるという事です。

罠は沢山仕掛けられている・・・

そこで出てくるサイトというのは主に、
独立を目指す医院の先生方を支援するサイトが多数見られます!
物件を斡旋したり、リースの組み方、さらには保険まで!
将来のキャッシュフローを見据えた設計が大切!
そのようなことも書いてあります!
色々な支援が受けられるので、医院の先生方にとっては手っ取り早く支援が受けられ、
メリットが多いのでしょう!
ただ、その中でも目立つのは、
どのサイトでも集客、集患対策!というワードです!
そしてその手段として書いてあるのは、ほぼホームページを手軽に作って、
そこから患者さんがどんどん来てくれる!
というような書き方です!

現実か?非現実か?

ん???
まさか???

ホームページを作る=患者さんが自然と来る

まるでそのような書き方です!
ウソだろ???
と私は思う訳です。
だってそうですよね!

釈迦に説法ですが、ここで売上の公式をおさらいしましょう!

WEB売上の公式
アクセス数×成約率×客単価=売上

ここはどの先生も賛同頂けると思います。
では、ホームページを作る!という事は、この3つのうちのどこに寄与するのか?

見誤りがちなポイント

当然ながら、成約率ですよね!
見栄えの綺麗なサイトであればあるほど!
ユーザビリティが高いサイトであればあるほど!
情報量が多いサイトであればあるほど!
成約率はあがります!

客単価は実際に患者様が来られて、先生の腕の見せ所なので置いておいたとして、
問題はアクセス数なんです!

ここをどうやって増やすんですか?という事です!
先に述べた、
ホームページを作る=患者さんが自然に来る
というのは幻想で、ホームページを作る事は、アクセスが増える事ではないのです!
要は、ホームページを作っても、見られなければ期待した変化は得られない!という事なのです!

もう一度言います!
ホームページを作っただけで、売上は上がりません!患者様は来ません!

どうすれば良いのか?

何をしなければならないのか?
ホームページを作って、アクセスを集める作業をしなけばなりません!
そこを履き違えないでください!
作ってから、まだまだやる事が沢山あります!
そこをサボる?気付かずに怠る?そんな状態だと、悲劇しか待ってません!

①ホームページを作る
②アクセス数を集める
③実際にご来館されたお客様の単価を上げる

これが、本当の売上を上げるためのステップです!
まさかとは思いますが、医院の先生方はご理解頂けてますよね!

残念ながら、私の周りには、ホームページを作って、
悲劇を見てる医院の先生が少なからずいらっしゃるので、ご注意ください!

カテゴリー: コラム