SEO対策の現状チェック

SEO対策をまずスタートするにあたり、何からすべきなのか?
これは間違いなく現状のチェック分析でしょう。
現状の位置をしっかりとチェックしなければ、対策の効果検証ができないだけではなく、施す対策そのものが変わってきます。
なので、現状のチェックからスタートするのは必須です。
今回はその具体的チェック手法の大枠に関してお伝えしていきます。

SEO対策における現状チェックとは?

数値チェック

まず最も大切な事は、現状のアクセスがどの程度あるのかをチェックする事です。
これに最も有効なチェックツールがグーグルアナリティクスとサーチコンソールの二つです。
両方とも、無料で提供されているチェックツールなので、サイト運営をされる立場の方は必ず入れて欲しいツールです。
過去これまでグーグルアナリティクスは導入し、使っているという方は多々おられましたが、サーチコンソールは未導入だと事をよく聞きますので、
この機会に是非導入してみて下さい。
詳しい使い方は割愛しますが、グーグルアナリティクスは設定してからの数値を全てチェックできるもので、決算書でいうとBS。
サーチコンソールは直近90日間の数値が期間限定でチェックできるものですのでPLとでも言いましょうか。
どちらも欠かせないチェックツールです。

ソースチェック

次に大切な事は、ソースコードのチェックです。
サイトには二つの視点があります。
当然ながら、ユーザーがサイトに訪れてからの見た目。ユーザビリティが大切になります。
もう一つの視点は、グーグルのクローラーからの見た目。いわゆるソースコードの並びが大切になります。
SEO対策はグーグルからの見た目の対策ですので、この二つ目の見た目が重要視されます。
そのソースコードをチェックしてみると、まぁ読めない方からすると何かの暗号にも見えるかもしれません。
実際に私はソースコードを構成しているタグというものは読めませんし、意味を理解していません。
それでも、SEO対策としても一切問題ありません。なぜか?
ソースコードの中にも、重要な部分とそうでない部分が存在しますが、
重要なソースコードを読み解いてくれる無料のチェックツールが存在するからです!
それが「SEOチェキ」とググって頂いたらすぐに出てくる大変便利なチェックツールです。
これで調べる事により、SEO対策をする上で、重要な部分はほぼ補ってくれます!

下記の画像を見てください。
どのページでも、必ず存在する内部タグというものがありますが、
その中で最重要なものが抽出されて表示されます。
title
description
keywords
h1
この4つが、SEO対策をする上で、一番重要な部分であり、
ここの内容がルールに則って書かれているのかが、スタートラインです。
今、初めて見た!という方。
びっくりした内容が入っていた!という方。
今気付いて良かったですね!
ここからがスタートです!
今は見方だけ覚えておいてください。次回以降ここの入力ルールに関してお伝えしていきます。

検索語句チェック

現状チェックで次に大切な事は、どのキーワードで調べたときに、サイトが実際何番目に表示されているのか?をチェックする事です。
仮に、今1位で表示されているキーワードがあるとするなら、そのキーワードでSEO対策をしても、意味がないですよね?
だって、それ以上上が無い訳ですから!
基本的な考え方として、先生が欲しいワードで調べたときに、5位以下に表示されているキーワードから対策する方が、
インパクトは大きくなると思います。
特にセカンドページと言われる、10~19番目に表示されているキーワードを、ファーストページ、いわゆるユーザーが調べたときに、
サイトが最初のページに表示される!
ここまで持ってくる事が出来れば、圧倒的なアクセス増が見込めます。
先生方も、肌感覚でお持ちではないでしょうか?
飲食店でも結構です、何か調べようとして「エリア名+ランチ」と入力して、
最初に出てきたページを一番下までスクロールしたとしても、
わざわざ次のページまでしっかりと見るでしょうか?
恐らく、最初のページで意図したサイトが見つからなければ、違うワードで検索するのではないでしょうか?
先の例でいくと、「エリア名+ランチ+イタリアン」のような形で・・・
これがユーザー動向です。
なので、欲しいキーワードで最初のページに出てこないと、見られる事はほぼないのです。
私は存在していないものと同じだと思っています。
なので、最低限でもファーストページに出てくることだけは最低ラインとしたいですね!

このどのキーワードで調べたときに、サイトが何番目に表示されているのか?をチェックするために便利なツールがあります。
それがGRCというチェックツールです。
これは一部無料で使えるツールで、SEO業界では広く使用されているものです。
何ができるかというと、検索エンジンで今サイトがどのキーワードで調べたときに何番目に表示されているのか?というのを、
毎日継続的に追いかけてチェックしてくれるものです。
日本の検索エンジンは、2大勢力です!当然ながらヤフーとグーグルですよね!その二つとプラス、マイクロソフトのビングという
検索エンジンの推移を毎日見る事が出来ます。
是非活用してみてください。
このツールの活用方法は次回以降お伝えしていきます。

閲覧ページのチェック

現状チェックで、次に大切な事は、先に述べた、どのキーワードで調べたときに、サイトが実際何番目に表示されているのか?
と合わせて、サイトのどのページが表示されているのか?をチェックする事です。
ここで???が頭の中に並んだ方はセンスが良い!!!
安心してください!しっかりとお伝えしていきます。
サイトのどのページ?ここが重要ですよね!
基本的なサイト構造というのは、トップページ例えばhttp://www.abc.com/のような形で構成されます。
これがトップページなのですが、その他のページはhttp://www.abc.com/companyやhttp://www.abc.com/accessのような形となります。
要はツリー上になっていく形で、イメージとしてはどんどん下に伸びていきます。
トップページを頭に、下にどんどん増えていく。
なので、どのサイトも共通してトップページが一番上にある訳ですから、
一番目立つ、多くのキーワードで調べたときにトップページが表示される傾向が強い訳ですが、
とは言え、トップページだけしか表示されないという訳ではないのです!
「エリア名+歯医者」で調べたときには、トップページが表示されるけれども、
「エリア名+歯医者+口コミ」で調べたときには、下に紐づいているページが一番上に表示される!
という事もあり得る訳です。
そうすると、特定のキーワードでは、そのページで対策をする方が効果が出やすいという事になります。
むやみやたらに、SEO対策をスタートするよりも、現状チェックをしっかりと行い、
どこから手を付けるのか見定めてから、SEO対策スタートする方が理にかなっていると思いませんか?

どうするSEO対策

先生方ならわかるご理解頂けるはずです!
次回は、この部分の手法に関してお伝えします。

カテゴリー: web