business tailor consulting

私たちは、歯医者の集客専門コンサルタントとして、
歯医者経営を安定化させ、地域医療の発展に貢献します。

広告集客戦略

現代において、ユーザーの消費行動は多岐に及びます。
そのため、当然ながら広告集客戦略も、その消費行動に合わせて展開されるべきです。
ですが、歯医者の先生方は、あまりに安易に考えられているように見受けられます。

最終ゴールは、「集客」というポイントですが、
そこに行きつくまでのアプローチ(道筋)は今や数える事が出来ません。
とは言え、広告出稿して、その費用対効果が図る事をしないというんはナンセンスです。
ここで重要になるのがKPIの指標の設定です。

ユーザーは広告を踏んで、初めて存在を認識し、さらに検索を掛けて公式ページに初アクセスし、
そこから比較サイトや、口コミサイトで情報収集をし、そこで納得して最終行動です。
そのタイミングはユーザー任せのようですが、
WEB広告では能動的にユーザーへアプローチする事も可能になります。

是非全体像で捉えてWEB集客戦略を構築しましょう。

歯医者さんの事例があります。
まずSEOでは、現在Googleは【歯医者】と検索すると【歯科】も同意語として認識しますが、
【歯科】と検索すると【歯医者】は別単語として認識します。
ですので、【歯医者】という検索語で上位表示させる事が重要な要素となります。

次に初めて、サイトへ訪れたユーザーには、リマーケティング広告で再アクセスを促します。
しかしその際、一度来たページを見せるのでは飽きが発生しますので、
特別なページを用意して目新しさや限定感をアピールします。

さらには、口コミサイトも歯医者さん自らが運営し、
他院の歯医者も含めて特徴を捉えて伝える事で第三者的視点で訴求します。
当然ながら、自らの歯医者は一番上に表示させます。

そこで+アルファで地元ポータルサイトへの掲載です。
ここまで全方位で目に触れる機会を作り上げる事が出来れば、
無意識的にユーザーは先生のサイトと触れ合う事になります。
必ずどこかのタイミングで消費行動を取ります。

大切なのはどこで消費行動を取るタイミングでも、
先生のサイトがユーザーと接点がある状態にする事。

歯医者さんのみならず、どのクリニックでも当てはまる事です。

そんなWEB集客戦略を共に築きあげましょう。